ぐぉぉぉ!!こんなに放置しちゃったよぉ。ゆっくり更新します・・・どうぞまたよろしく。


by aya9443
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

11/11 当日~お支度編

とっても楽しい1日だったので、自分の覚書として 残しておこうと思います。
まぁそりゃ、何しろ楽しかった・・・
驚くほどに楽しかった。

朝は6時半起き。
会社へ行くよりも早い時間に起きて、普通のいつもどおりの朝食を食べて
美容室のご指示で「すっぴんで!」ということなので、一切のお化粧をせず
「いってきま~す!」って感じで家を出ました。
30過ぎの女子にとって、お化粧なし ってのはちょっとした拷問よぉ(笑)

ちゃんとしたご挨拶とかはなし!
両親への感謝の気持ちはた~っぷりあるけど、泣いちゃいそうだったし
そういうのは「不要」と思ってる両親なので、いつもお家を出るように
出てきました。








電車に乗って 「あぁこの電車も・・・」とか思うとちょいとしんみり。
「しんみりしたって仕方ない!元気に楽しくいこう!!!」と自分へ言い聞かせ
目を開けていると すっぴんの自分への視線を痛く感じるので(笑)
目を瞑って 座っていました。

ら、、、

「おおてまちぃ~、おおてまちでございます」
の車内アナウンス。
私が降りるべき駅は 「三越前」。
「えっ?乗り過ごした!!!」と慌てて 降りて、向かい側に来た電車へ
飛び乗りました。

しんみりとなっていたのもつかの間、私、寝ちゃっていたらしい(笑)
ホテルへ着いて、担当のスタイリストさんに遅刻しちゃったことのお詫びを
話したら、
「余裕じゃないですかぁ(笑)」と言われました。
そう、私、緊張とか一切してませんでした。

マンダリンオリエンタル東京の担当美容室は「パラダイス」というトコです。
マンダリンにはホテル直営の美容室はなくカリスマウエディングヘア・メイクスタイリスト
けんすけ さんの「パラダイス」が入っています。
私を担当してくださったのは 同じ歳の女性の方でした。
当日 初めて会ったのではなく、2週間位前に ヘアメイクリハーサルで
お会いしています。
このリハーサル。
ちょいちょ~い!と簡単に済ませるのではなく、なんと・・・5時間半かかりました(笑)
当日に着るドレスを持参して、ドレスと私の雰囲気に合ったメイクとヘアスタイルを
提案していただき、色々と試して 決定しました。

担当の方にお迎え頂き、お部屋へ移動です。
マンダリンオリエンタル東京のお支度は三井旧館の個室が用意されます。
ひろ~いお部屋に メイク道具が揃えてありました。
靴を脱いで マンダリンのスリッパに履き替え、椅子に座るように言われます。
飲み物は何が良いかを聞いていただいて、飲み物とマンダリンの小さなお菓子
が運ばれてきます。
外では慌しい人の動きがあったのかもしれませんが、私のお部屋の中はゆったり
とした時間が流れていました。

b0052444_22182421.jpg


少し経つと 母&妹が現れ、父を部屋に残して 彼女たちもヘアメイク&着付けへ
行ってしまいました。
父は新聞を読みながら、適度な時間まで時間つぶし。
後で気が付いたのですが、こうやってどなたかがお部屋へ来ても良いように
紅茶の入ったポットといくつかのカップのセットが置いてありました。
さすがなお気遣いだなぁと思いました。

そうこうしていると 彼が到着し、おはよう!の挨拶。
彼はちょっと緊張しているようでした(笑)

お花も届きました。
お花は結婚が決まる前から「La hortensia azul」さんに
作ってもらいたい!と思っていたので、念願叶って オルテンシアアズールさんにお願いしました。
b0052444_11393545.jpg

式用
b0052444_1139517.jpg

イメージチェンジ用

お式用のお花を頭に付けて、ドレスに着替えます。
ドレスは1着で1日を過ごす!と決めていました。
色ドレスは私にはどうも恥ずかしかったので、お色直し というより イメージチェンジだけに
することにしたのです。

ドレスは・・・「マフ・ウエディング
のジャスミンというドレスにしました。
ドレスは色々と探す前から
○アメリカンスリーブかホルターネック
○Aライン(シャンタン系)
○パニエは最小の形
と決めていました。
アマアマなのは 恥ずかしかったから できるだけ格好良い感じにしたかったのです。
で、このこだわりが、、、
意外とアメリカンスリーブやホルターネックのものでAラインはあまりなくて、色々とさまよう
ことになったのです・・・
で、とあるドレスショップで担当の方に
「へぇ・・・これって結構、格好良く着られるもんなんですねぇ」と逆に(笑)感想を述べられました。
やっぱり 人気のドレスというのは フリフリのあまい感じなのだそうです。
そういうのは、一切見向きもせず3着目で「疲れたのでもう良いです」と言ったお嫁さんは
初めてだと驚かれました(笑)
結局、どうしようかと迷いに迷い、でも、あまいのは絶対にムリ!という思いからネットで
ドレスショップを新たに検索。
すると ヒットしたのが この 北海道のドレスショップ。
ドレスを見てみると 捜し求めていた形のドレス!しかも、お安い☆&私サイズに作ってもらえる。
難点は「北海道!
彼に言うと・・・「そんなに気になるなら ドレス代は安いんだから、北海道まで行っちゃえば?」
とのお言葉。
このお言葉を聞いて、踏ん切りがつきました。
一か八か、ネットだけで注文してやろうじゃねぇぁかぁ!!!(歌舞伎風で)と。
幸いなことに ドレスショップの方はとても親切で サイズ表を出すとおかしい点は指摘してくださり
また測りなおして提出する。という感じでお願いしました。
2ヶ月後、、、届いたドレスを着てみると ジャストサイズ!!!!

当日も全く苦しくなくて、閉所恐怖症の私なので、締め付けられている。と実感したところから
ちょいとパニック気味になっちゃうことを心配していたのですが、無用でした。

あとあと、このドレスも好評だと聞いて、とても嬉しかったです。

さぁ、ドレスにも着替えたことだし・・・
これから写真撮影です!!!
[PR]
by aya9443 | 2006-11-16 11:58 | ただの独り言